Osakana Cats 〜保護猫暮らし〜

保護猫の3兄弟をお迎えしました!猫3匹にまみれて幸せ〜!

#全日本舌しまい忘れ協会

Twitterで

#全日本舌しまい忘れ協会

なんてハッシュタグを見かけて・・・

 

イサキの、エアーおしゃぶりを思い出しました。笑

 

マゴチとイサキは、

1歳になる今でも毛布をちゅぱちゅぱする癖がなくならないのですが、

たま〜にバグのように毛布を忘れてちゅぱちゅぱちゅぱ・・・。

 

そんな動きしてたのね、と初めてみたときは笑いが止まりませんでした。

 


【まるでバグ?!】エアーおしゃぶりをする猫

 

よその猫ちゃんも、同じようなことするのかな?

新しいネズミのおもちゃに大興奮!

前つかっていたおもちゃがボロボロになってしまったので、

新しいおもちゃを買ってあげました!

 

せっかく買ったおもちゃに見向きもしなかったり、

そのくせペットボトルのキャップや紐が大好きだったり、

猫の好みはいまいちわからない><

 

なので

新しいおもちゃを買う時は、

本当に気に入ってくれるかな〜とちょっと不安なんですが・・・

 

今回のは大当たりでした!

 

買ってあげたのはこちら↓↓

ペットステージ (Petstages) デンタル・チューマウス(2コセット) PTPS327

ペットステージ (Petstages) デンタル・チューマウス(2コセット) PTPS327

  • 出版社/メーカー: ダッドウェイ (DADWAY)
  • メディア: その他
 

 親指大(しっぽの長さふくめず)くらいの、小さめサイズのおもちゃです。

飲み込んでしまうサイズではないので、そこは安心。

 

2個セットで600円代なので、この値段なら手軽に試せます^^

 

またたびは入っておらず、

代わりにキャットニップというハーブが入っているよう。

 

キャットニップは海外でマタタビ代わりに使われているハーブで、

うちの猫は10ヶ月くらいですが夢中になっていました。

 

一生懸命遊んでいる様子はこちら。

走り回ってばかりなのでなかなか撮れませんでしたが、

このときはイサキが独り占め。

 


ネズミのおもちゃで遊ぶ猫

 

まる2日かけて3匹がガジガジかんでも、

まったく壊れていません!!

 

普通のおもちゃだと1日で破れてきちゃうので、

これは嬉しい!!!

 

大きなタグがついていたので、それだけ切ってあげています。

すでによだれでぐっしょりなので、

一旦あずかって干してあげようっと。

 

丈夫で猫が好きなおもちゃを探している方、おすすめです!

猫のおしりがなんだか変・・・?脱肛してた時の応急処置

イサキの血尿も落ち着いて一安心・・・・と思っていたら!

なんと昨晩、イサキのおしりに異変が!

 

トイレから出たあと、なんかおしりをやたらと気にしているな〜・・・

と不思議に思って覗きこんでみたら。。

 

脱肛

してました。

※脱肛とは:肛門付近の直腸が、おしりの穴からちょっと飛び出てる状態。

慌てて対応したので写真は撮っていませんが、

赤に近い鮮やかなピンクの、ぷっくらしたものが出ていました。

 

普段おしりからみるとこんな感じの状態が・・・

f:id:bombomprin:20190328130428p:plain

こんな感じに!!

f:id:bombomprin:20190328130607p:plain

▼ 下記のサイトが写真つきで分かりやすかったです。

外科処置(猫、脱肛) | モリヤ動物病院(町田市・大和市つきみ野)

 

気になるのか自分でなめてしまって傷つけてしまい、

血もにじんできていました。

 

深夜だったので朝病院が開くまで待つのも心配・・・

脱肛の場合、時間がたつと飛び出た部分が乾燥してしまい、

戻りにくくなったり、

腸が壊死して生死にかかわる事態になってしまうこともあるそう。

 

人間の脱肛なら経験はあるし、とりあえず応急処置をしよう!

とやったことをまとめました。

※動物に関しては専門知識が少ない素人がやったことですので、

  今お困りの方は、あくまで参考程度にとどめて、早く病院に連れて行ってあげてください。

応急処置①なめるのをやめさせる

イサキの場合、なめて傷がつきそうだったので、

とりあえずなめるのを止めさせるためにカラーをしました。

 

また、ほかの猫が寄ってこないようにケージにIN。

 

カラーがない場合、ほかの人に押さえておいてもらうか、

きれいなタオルでくるんで見えないようにしてもいいと思います。

応急処置②環境を整える

自分の指をつかうので、爪を短く切ります。爪やすりも忘れずに。

とりあえず利き手の人差し指だけやれば大丈夫です。

爪が長いと、逆に猫ちゃんの腸を傷つけてしまうので、気をつけてください。

 

終わったら手を綺麗にあらい、清潔なビニール手袋をつけます。

ゴム手袋は厚手で感覚がつかみにくいので、避けたほうがよさそうです。

うちはビニール手袋がなかったので、薄い食品用ポリ袋(もちろん新品)をかぶせて、

手首を輪ゴムで固定しました。

 

ビニール手袋をつけたら、指先部分にワセリンをのばします。

ワセリンがない場合、オロナインやオリーブオイルでも大丈夫です。

応急処置③指でやさしく抑える

準備ができたら、ワセリンがついている指のはらをつかって、

でているピンクの部分をやさしく押します。

押すというより、おさえる、というほうが近いかもしれません。

指を垂直にお尻に差し込むのではなく、指のはらを使って抑えるようにしましょう。

程度が軽い脱肛であれば、1~2回優しくおさえれば、飛び出た部分が中に戻ります。

 

軽くおさえただけでは戻らない場合、

無理におしこもうとせず、そのまま急いで病院に向かってください。

ひどい場合には押しただけでは戻らず、手術などで直してもらう必要があります。

腸は皮膚とちがって粘膜でとてもデリケートなので、

無理に押すと、傷ができて感染の原因になったり、出血したりしてしまいます。

応急処置④その後を観察

程度によっては、一度戻ったように見えても、すぐに出てきてしまう場合があります。

・戻った直後

・そのあと、トイレ後の様子

をしっかり観察して、もし繰り返してしまうようなら、

すぐ病院にいって処置してもらいましょう。

 

また、一度でもどった場合も、脱肛の原因を病院でみてもらうようにしましょう。

脱肛の原因は様々ですが、

根本の原因をなくさないとまたぶり返してしまう可能性があります。

猫の尿を自宅で採取するには、お手製スコップがベスト!

今日は、猫のおしっこを家でどうやってうまくとるか?という話です^^;

 

実は先週の木曜、ケージの中に血尿が・・・。

普段粗相しない猫たちだし、

今まで血尿をしたこともなかったので、

かなり焦って動物病院に電話しました。

 

当日中の予約をとってもらったのですが、その時の電話で

「3匹いるので難しいかもしれませんが、家で猫ちゃんの尿をとってきてくれますか?拭いたものだと検査ができないので、液体のまま清潔な容器にいれてきてください。」

とのこと・・・。

 

はい!

と答えたものの、猫のおしっこなんて、どう取ればいいんだろう・・・?と悩んでしまいました。

 

うちは「上から猫トイレ」をつかっているので、

基本的にトイレは見えないようになっているのです。

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ オレンジ レギュラー

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ オレンジ レギュラー

 

システムトイレを使っているおうちなら、

トイレトレイにビニールを敷いたりするのが簡単なのかな?

 

とりあえず今のままでは

トイレに入った瞬間が狙えないのでふたを外して・・・

(うちの猫たちは蓋なしでも楽々ジャンプで出入りできる)

 

蓋なしじゃ出入りできない猫ちゃんの場合は、

100均でタライみたいな容器を買ってきて

臨時トイレにしてもらうのが良いかもですね!

 

そして、

猫がトイレに入った瞬間に、

お尻の下にスコップを差し込む!!

 

スコップは、普段猫トイレの掃除に使っている使い慣れたものに、

清潔なビニールを被せてやりました。

猫の尿を自宅で採取するスコップ

これならキレイ&尿が漏れない!

 

イサキはトイレの壁にかなりお尻を近づけてトイレをする癖だったのですが、

フードにぬるま湯を混ぜて食べてもらうことで

普段より多めに水をとってもらい、

ちょっとトイレなしのケージで過ごしてもらって尿を貯めてからトイレに行ってもらうことで、

 

トイレ中にお尻をちょっと押しのけて下にスコップを差し込んでも

嫌がることなくトイレしてくれました!!

 

無事、採取成功!!

(写真のせたいくらい達成感あったのですが、さすがに載せません・・・笑)

 

採取した尿は、そのままジップロックに入れて病院へ。

空き容器もあったのですが、

余計な成分がまじるとよくないと思い、ジップロックにしました。

 

スコップに被せた袋はそのままくるっと裏返して捨てられるので、

まったく汚れることもありませんでしたよー!

 

病院まではちょっと時間があったので、

脱衣所の一番ひんやりしたところで保存。

暑い時期は、野菜庫とかに入れておいたほうが安心かもしれませんね。

 

病院の結果、特発性(特にこれといった原因がない)膀胱炎かな?とのことで、

薬をもらって帰宅。

血尿も一度きりで終わったし、食欲も元気もあるので、とりあえず安心・・・?

 

念のため、ごはんを療養食に切り替えました。

再発しませんように!!

肩越しのアジちゃん

イサキやマゴチはブログの登場回数多め。

アジちゃん最近のせてないな〜

ということで・・・

 

まごちの肩越しに覗きこむアジちゃん^^

リラックス中の保護猫

 

お手製のキャットタワー、

小柄なアジちゃんは軽やかに登ってくれます。

 

そういえば、

小柄だな〜とお迎えした時から思っていたけど、

この前体重をはかったらしっかりと3キロ超え!

 

気づかない間にどんどん成長してるんですね!

ヘソ天??

こたつの上でくつろぎ中のまごち。

 

・・・さすがに警戒心なさすぎなんじゃ??

 

おなか(ヘソ)を見せる猫

 

野良として生きていたはずが、

ご縁で保護団体さんに保護されて、

うちでお迎えすることができた三兄弟。

 

暖かい家でごろごろできてよかった〜

って思っていてくれると良いですね^^

 

まだまだ甘えん坊

5月生まれなので、もう10ヶ月になる三兄弟。

まだまだ甘えん坊です。

 

・・・寒さのせいか、甘えん坊が加速してきているような??

 

三兄弟それぞれ、甘え方が違っておもしろいです。

1匹が甘えてる間は、他の2匹はじーっと我慢。

寝る猫

 

何時間でもみてられる癒し顔〜〜